舞台版『新サクラ大戦』、待望の第2弾 上演決定! 「さくら」を演じる喜びと責任を感じながら

舞台版『新サクラ大戦』、待望の第2弾 上演決定! 「さくら」を演じる喜びと責任を感じながら

 25年以上の歴史を誇る大人気タイトル『サクラ大戦』。その最新作を舞台化した『新サクラ大戦the Stage ~二つの焔~』がこの冬上演される。初演は昨年、往年のファンをも唸らせる大好評のうちに幕を降ろした。待ちに待った続編となる今作で天宮さくら役として主演を務めるのは関根優那。

 「シリーズ化は目標だったので、率直にすごくうれしいです! 初演ではたくさんの方に応援と高評価をいただいたので、期待を超えるものを作りたいという思いでいっぱいです。今回は新キャストが4人加わって、世界華撃団大戦も開催されます。前回とは違って人対人の対戦があるのも見どころです。

 さくらはとにかく真っ直ぐで一生懸命。花組への思いが誰よりも強いからこそ衝突することもあるけれど、その芯の強さに周りも引っ張られていく、そんな存在だなと思います。自分の思いを正面からありのままに伝えるセリフがたくさんあって、私自身も励まされていました」

 念願の続編だからこそのプレッシャーも感じていると関根は語る。

 「メンバーとも『またみんなでできるね』という喜びの声の次に、『どのくらいハードなんだろう』という言葉が出てきました(笑)。レベルアップした姿を見せたいというのは全員同じ。だからこそ、楽しみでもあり不安もありという感じです」

 前作は高難度の歌や殺陣、ダンスが組み合わされており、稽古中は全員空き時間も自主稽古に励んでいたという。

 「サクラ大戦の曲は、聴くのと歌うのとでは全然違ってすごく難しいんですよ。「ゲキテイ」(「檄!帝国華撃団」<新章>)なんて特にです。『歌っているときに更に殺陣が入るなんてどうなっちゃうの?』って感じでした。どちらかに集中するとどちらかがダメになるの繰り返しで、気持ちを強く持つのが大変で、花組のみんなで励まし合っていましたね。

 でも、ただ楽しくやるというよりは、色んな思いを抱えながらやっていくくらいのほうが私にはちょうどいいのかなって最近思うんです。さくらをやれるうれしさと責任感、前回感じた悔しさをステージにぶつけて演じていきたいと思います」

 不安もやりがいも力に変え、真っ直ぐ大舞台に挑むその姿は、天宮さくらとも重なる。

 「みなさんの応援のおかげでこうして第二弾を開催することができました。より華やかにパワーアップした女の子たちのステージを、絶対に楽しませる自信があります。ぜひ劇場で観てほしいと思います!」

(取材・文:いつか床子 撮影:安藤史紘)

もしあなたのところにサンタクロースが来るとしたら、どんなプレゼントをお願いしますか?

「瞬間移動ができる力が欲しいです! 今はすぐ旅行に行きづらくなっていますし、仕事が詰まっていて“1時間だけ息抜きしたい”って時に、好きな場所に行きたいです。あとは移動時間分を睡眠に充てたい……」

プロフィール

関根優那(せきね・ゆうな)
 1994年9月28日生まれ、埼玉県出身。2010年「avexアイドルオーディション2010」ファイナリスト選出。「iDOL Street」第2 期生を経て、2012年より女性アイドルグループ「Cheeky Parade」の初代リーダーとしてデビューした。2018年のグループ解散後は舞台を中心に女優として本格的に活動開始。
 近作に『地縛少年花子くん -The Musical-』、『ジュブナイル学園2021~日本語版~』、舞台『盾の勇者の成り上がり』など。2020年11月に『新サクラ大戦 the Stage』で主演・天宮さくら役に抜擢されて以来、同タイトルのライブコンサート等にも出演している。バーチャル演劇『モテロボ』では声優に挑戦。TVドラマ『GARO-VERSUS ROAD-』(TOKYO MX)に出演するなど、多方面で活躍している。2019年週刊ポスト「ブレイクガール」選出。2020年には写真集「夕凪」を発売。現在、2022年度の卓上カレンダーが発売中。2022年3月には舞台『フルーツバスケット』への出演も決定。

公演情報

舞台『新サクラ大戦 the Stage ~二つの焔~』

日:2021年12月17日(金)~19日(日)
場:シアター1010
料:S席[前方席・非売品特典付]11,000円 ※完売
  A席[1階席]8,400円
  B席[2階席]6,800円(全席指定・税込)
HP:https://shinsakura-stage.com/
問:公演事務局 tel.03-6280-4670(平日11:00~18:00)

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事