創立から16年目を迎える 小田原を拠点に活動する劇団 演劇プロデュース『螺旋階段』かながわネクストvol.1『静寂に火を灯す』上演決定

創立から16年目を迎える 小田原を拠点に活動する劇団 演劇プロデュース『螺旋階段』かながわネクストvol.1『静寂に火を灯す』上演決定

神奈川県内の若手アーティストを支援する「かながわネクスト」選出公演

神奈川県・演劇プロデュース『螺旋階段』主催、演劇プロデュース『螺旋階段』かながわネクストvol.1『静寂に火を灯す』が2022年5月5日 (木・祝) ~2022年5月8日 (日)に神奈川県立青少年センタースタジオHIKARI(神奈川県横浜市)にて上演されます。

かながわネクストとは?
神奈川県内に拠点を起き、著しい活動を展開する若手・中堅のアーティストやカンパニーに、スタジオHIKARIでの公演の機会を提供し、神奈川県の舞台芸術が将来に亘って豊かに成長するよう、期待し支援する取り組みです。
神奈川県青少年センタースタジオHIKARIを利用した団体の中から選出し、二週続けて公演を行います。
今年はtheater 045 syndicate/演劇プロデュース『螺旋階段』の 二団体が選出されました。

演劇プロデュース『螺旋階段』 かながわネクストvol.1『静寂に火を灯す』

<あらすじ>
2000年代初頭。
かつて店頭販売していたみちのく製菓は通信販売とネット販売に業務形態を切り替えた。
大ヒット商品「海猫サブレ」はメディアにも取り上げられて従業員を雇えるようになった。
2002年3月に三十五歳の東北智明は自ら命を絶った。
智明は二十三歳の時から自宅に引き籠って暮らしていた。
ごくごく平凡なある日、智明はこの世からいなくなった。
あまりの唐突さに上手く受け止められない家族と従業員たち。
四十九日で集まった家族と友人たちは智明を想い出すようにして語り始める。
いるのに、いなかった息子。
いるのに、いなかった兄。
いるのに、いなかった友達。

見えていなかったことが見えてきたとき、一人の男の人生がわかってくる。

演劇プロデュース『螺旋階段』
小田原を拠点に演劇公演を行うために2006年に結成。以降、年に二回のペースで公演している。 小田原を秋公演、横浜を春公演に現在は落ち着いている。全て緑慎一郎が脚本と演出のオリジナル作品を上演している。土地、時代、風刺などを通して甘く、切なく、笑って泣ける舞台を創作し続けている。2021年に十五周年を迎えますます精力的に活動を行っている。

公演概要

演劇プロデュース『螺旋階段』
かながわネクストvol.1『静寂に火を灯す』

公演期間:2022年5月5日 (木・祝) ~2022年5月8日 (日)
会場:神奈川県立青少年センタースタジオHIKARI(神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1神奈川県立青少年センター2階)

■出演者
田代真佐美 / 露木幹也 / 水野琢磨 / 根本健 / 高杉駿 / 緑慎一郎 / 岡本みゆき(ミユキーズ) / 中根道治(劇団スクランブル) / 木村衣織 / 西田好美

■スタッフ
作・演出:緑 慎一郎
舞台監督:渡邊 歩(株式会社RESON)
音響:斎藤 裕喜(Québec)
照明:阿部 康子
舞台美術:奈良 花美
デザイン:伊藤まこと(technicute)
制作:薄田菜々子
当日運営:山下 那津子
主催:神奈川県/演劇プロデュース『螺旋階段』

■公演スケジュール
5/5(木祝)19:00
5/6(金)14:00・19:00
5/7(土)14:00・19:00
5/8(日)14:00
※開場は、開演の30分前
※上演時間:約2時間

■チケット料金
【一般】
前売:2,500円/当日:3,000円
【学生】
前売:1,500円/当日:2,000円
かながわネクストセット割:5,000円(主催者のみ取扱/theater 045 syndicate公演と各公演1枚づつ)
(全席自由・税込)

<カンフェティ限定>
500円割引! 【一般】前売:2,500円 → カンフェティ席 2,000円!

演劇プロデュース『螺旋階段』公式ホームページ
http://www.rasen-k.com
かながわネクスト【演劇】公式Twitter
@kanagawa_next

チケット発売中!

新着ニュースカテゴリの最新記事