時代を超えて愛される名作『銀河鉄道999』に日本舞踊で挑む 舞踊界の精鋭が集まり、日本舞踊の粋を集めた舞台がいま幕を開ける

時代を超えて愛される名作『銀河鉄道999』に日本舞踊で挑む 舞踊界の精鋭が集まり、日本舞踊の粋を集めた舞台がいま幕を開ける

 永き伝統の中で醸成された日本舞踊の文化を伝えるべく活動している公益社団法人日本舞踊協会が、松本零士の代表作『銀河鉄道999』を舞踊版として上演する。協会理事であり、声の出演として参加する松本幸四郎は、このプロジェクトについてこう語る。

松本幸四郎「舞台は宇宙という非日常の世界ですが、踊りで表現するにはとても適していると思います。舞踊だからこそ時空を飛躍する表現や、風など人間の役だけではない表現も可能となります。数あるアニメ作品の中でも『999』を選んだのは協会の実行委員ですが、とてもいいセレクションだと思います。出演者も素晴らしい舞踊家が揃いました」

 ベテランから若手まで充実した顔ぶれが出演する中で、主人公の星野鉄郎に期待の若手である藤間直三。鉄郎を導く謎の美女、メーテルには幅広い表現に挑み続ける花柳笹公が選ばれた。

藤間直三「小さい頃から憧れておりました協会の新作公演の大役、まるで夢のようです。また、素晴らしい先輩方とご一緒できますこと大変嬉しく、名作『999』を、大好きな日本舞踊で皆様にお届けできることに今からワクワクしています。この作品、そして星野鉄郎というお役に、全身全霊でぶつかっていきたいと思います」

花柳笹公「多くの人に愛されている作品であり、なかでもメーテルは皆さんが色々な想い、イメージを持っている存在でしょう。それを壊さないようにとも思いますが、日本舞踊版ということで、着物を基調にした衣裳など印象もアニメとは違うでしょう。自分なりのメーテルを踊り、身体全体で表現できればと思います。周りに大好きな方が沢山お出になっていて、ご一緒できますのも嬉しい限りです」

 脚本を担当するのは舞踊家であり演劇にも造詣が深い藤間仁凰。長大な『999』の物語からどこを採り上げるのだろうか。

藤間仁凰「劇場版『銀河鉄道999』と『さよなら銀河鉄道999』を元にしたオリジナル脚本で、テーマとして“受け継がれる想い”を採り上げております。主人公の鉄郎は悲しい別れと様々な人との出会いの中で、人の優しさや絆を感じながら想いの数々を受け取り、更にその想いを未来へ繋いでいきます。それは我々日本舞踊家も同じで、師匠からの芸を受け継ぎ、次世代へ繋いでいくことが使命でもあります。またどんな方でもご家族や恩師から受け継いだ想いを抱いていると思います。そういった想いの数々を観劇してくださったお客様と共有したいと考えております」

 舞踊家達の想いを乗せて飛び立つ銀河鉄道。その乗客として一緒に旅に出てみたい。

(取材・文:渡部晋也)

「突然ですが、急遽一週間の休暇が取れることになりました。どこへ行っても、何をしても自由だとしたら……どのように過ごしますか?」

松本幸四郎さん
「スマホがつながる無人島。ひたすらボケーっとしていたいです。一週間という期間限定であれば芝居や踊りのものが一切ない環境に身を置くことで新たな自分を発見できるかも……という期待を込めてボーッとしてみたいです。Wi-fiがつながれば出前も持ってきてくれると思うので食事も大丈夫……」

藤間直三さん
「コロナ禍でなかなか行けなかったので海外に行きたいです! 特に、未だ行ったことがないのでフランスのパリに行ってみたい。観光で美術館めぐりやオペラ座などで観劇をたくさんしたいのと、お酒も大好きなのでワインなども楽しみたいです。
あとは、国内で温泉に行くのも悩みました! 朝はゆっくり過ごして、昼間は自然に触れてから温泉にゆっくり入って、夜はお酒をなんていう一週間も魅力的です。
どちらにしてもお酒は欠かせない! 飲み過ぎには気をつけます」

花柳笹公さん
「何をしても自由…… 。夢?が叶うのなら、シャチのいる水族館に通い、シャチと一緒に泳ぐ訓練をしたい!  小さい頃からシャチが好きで、ホッペにキスまではしてもらったことがありますが、いつの日か水中で一緒の時間を過ごしてみたいです」

藤間仁凰さん
「過去にいって先人たちの『芸』を堪能し、その時代の美しい日本の景色を散歩したい
どこに行っても良いとのことですので、私は『過去』を選びました。一見『芸』に真面目に受け止められそうな教科書的な答えに見えるかと思いますが、ちょっと違ってまして……。昔の芝居小屋でただただ芝居や踊りを楽しみたいんです。昔は下手な役者にはヤジを飛ばしていたそうです。もちろん上手い方には誉め言葉をかけていたとか。私も観たままの感想をお弁当を食べながら、それやりたいなって思っていまして。その後は目的もなくブラブラして、自然の中を散歩して……。あれ?ただ『好きなことしてボーっとする?』が答えだったかな(笑)」

プロフィール

松本幸四郎(まつもと・こうしろう)
東京都出身。歌舞伎俳優・日本舞踊家・俳優。「劇団☆新感線」の舞台やテレビドラマ・映画など幅広い活躍を見せる。18年に十代目松本幸四郎を襲名。文化庁芸術選奨新人賞、日本芸術院賞などを受賞。公益社団法人日本舞踊協会では理事として日本舞踊の普及や発展に尽力している。

藤間直三(ふじま・なおぞう)
東京都出身。6歳の頃より舞踊を藤間秀三に、14年より藤間秀之助に師事。東京新聞主催全国舞踊コンクール第1位、文部科学大臣賞、日本舞踊協会主催各流派合同新春舞踊大会会長賞などを受賞。藝○座所属。東京藝大出身の若手が集まったグループ「蒼天」でも活動を展開している。

花柳笹公(はなやぎ・ささきみ)
大分県出身。幼少より父・花柳笹之丞に、上京後は人間国宝・花柳寿南海に師事。文化庁新進芸術家国内研修制度にて五世家元井上八千代師の許、京舞を学ぶ。創作舞踊劇場『火の鳥』、『陰陽師』で主要キャストを務めた。新春舞踊大会会長賞・大会賞などを受賞。

藤間仁凰(ふじま・じんおう)
東京都出身。幼少より祖母・藤間章江、父・藤間仁章に師事。野村万之丞主宰の「わざおぎ塾」にて演劇を学ぶ。文化庁芸術祭優秀賞、新春舞踊大会会長賞などを受賞。男性舞踊家が集まった「弧の会」でも活躍する。

公演情報

第5回日本舞踊 未来座 =才(SAI)= 日本舞踊『銀河鉄道999』

日:2022年6月3日(金)~5日(日)
場:国立劇場 小劇場
料:前売8,000円 当日8,500円 ※他、各種割引あり。詳細は公演HPにて(全席指定・税込)
HP:https://nihonbuyou.or.jp/
問:公益社団法人 日本舞踊協会 tel.03-3533-6455(平日10:00~17:00)

Advertisement

伝統芸能・演芸カテゴリの最新記事