“芸どころ”名古屋から新たなアクションエンタテインメントを発信! 12年の時を経て、“伝説の舞台”が今新たに甦る

“芸どころ”名古屋から新たなアクションエンタテインメントを発信! 12年の時を経て、“伝説の舞台”が今新たに甦る

 清水順二率いる30-DELUXとアクションクラブの共作により世に送り出され、2009年に初演を迎えた伝説の舞台、『ナナシ』。12年ぶりの上演となる今回は、清水が地元・名古屋を拠点に設立した新ブランド「30-DELUX NAGOYA」の第1弾として、名古屋を皮切りに、大阪、東京の3都市をツアーで巡る。

村瀬「いつかこの作品に出たいとずっと思っていました。アクションクラブの川原正嗣さんは伝説のスターで、共演できて夢のようです!」

高柳「地元の名古屋で舞台に立てるのは嬉しいし、出演者も名古屋色が濃いので楽しみです。稽古も地元なので実家から通おうと思います(笑)」

名古屋「私は生まれも育ちも名前も名古屋。“名古屋発”というからには名古屋の名に恥じぬよう、『死ぬ半歩手前まで』をモットーに全力で挑みます」

 時は戦国時代。徳川家康の前に“ナナシ”と名乗る男が現れ、暗殺者集団・四神無双の物語を語り始め……というところから物語が動き出す。四神無双の朱雀に高柳が、白虎には村瀬が配され、名古屋は服部半蔵を演じるという。

高柳「朱雀は凄く強い女性なので、意志を強く持って役に臨まなければと考えています。今回はアクションに加えてラブシーンにも挑戦しますが、恋愛禁止が解除されたということもあり、精一杯演じてみたいです」

名古屋「毎週地元の公演で殺陣を使った芝居をしているので、体力だけは自信があります。どこまでも男臭く、ゴリゴリのワイルド系でいくつもり。体脂肪率9%のこの体を駆使し、“これぞ服部半蔵”というアクションをお見せしたいと思っています」

村瀬「白虎は初演で川原さんが演じた役で、僕も挑戦してみたいという気持ちがありました。ここでまた一つ吸収し、進化していきたいですね」

 アクションも益々スケールアップ。大迫力のエンタテインメントを繰り広げ、名古屋の底力を見せつける。

名古屋「名古屋というのはもともと芸どころといわれるエンタメの地。“名古屋においでよ!”という想いを汗と共に飛ばしていこうと思います」

高柳「みなさんに喜んでいただける作品をお届けできるよう精一杯頑張ります。地元の方はもちろん、全国から足を運んでもらえたら嬉しいですね」

村瀬「素敵なキャストが集まって凄い作品になる確信があります。名古屋発のアクションエンタテインメントをぜひ楽しみにしていて下さい!」

(取材・文:小野寺悦子 撮影:平賀正明)

もしあなたのところにサンタクロースが来るとしたら、どんなプレゼントをお願いしますか?

高柳明音さん
「家。本当に家が欲しい。今の部屋がペット禁止なので鳥と暮らしたいんです東京でも(笑)。家なんてもらえるわけないだろ!って思うんですけどね、不朽の名作・映画『34丁目の奇跡』を観たらそんな壮大な願いもサンタさんなら叶えてくれるのかもしれないと思いまして。
 それか名古屋の実家に帰ればいつでも鳥がいるので、東京名古屋を自由に行き来できるどこでもドアをですね……
 あ、手短なところでですか? プレステ5です。」

名古屋山三郎さん
「毎週の公演によって体力には自信があれど、近頃は回復に時間がかかるようになってしまいました。生涯現役を心に決めておりますので、身体と心の回復のために、近所に温泉が欲しいと常々思っております。もしサンタクロースが願いを聞いてくれるならどうか、温泉を掘り当ててください」

村瀬文宣さん
「フライパン、お皿、炊飯器、お箸。一人暮らし8年目にしてこの前初めて自炊をしたのでこれから料理を頑張ってみようと思っています! ……やっぱり自分で買います。 タケコプターがほしいです。空を自由に飛んでいろんな国に行って、いろんな美味しい物食べたいです(笑)!」

プロフィール

高柳明音(たかやなぎ・あかね)
1991年11月29日生まれ、愛知県出身。2009年の第二期オーディションに合格し、名古屋・栄を中心に活動する秋元康プロデュースグループ SKE48の一員として活躍。AKB48シングルにも多数参加。2021年4月にグループを卒業。女優業も本格的にスタートし、朗読劇『ラヴ・レターズ』、舞台『あやかし緋扇』など多数出演。ラジオパーソナリティなどタレントとしても幅広く活躍中。

名古屋山三郎(なごや・さんざぶろう)
名古屋山三郎一座座長。名古屋円頓寺商店街のカブキカフェ「ナゴヤ座」で新感覚エンターテイメント・ナゴヤカブキを上演。派手な立ち回りやアクションが魅力で、地元名古屋のみならず県外からも多くのファンが訪れる。これまでの主な作品に、『月読(つくよみ)』、『BENTEN the KID -御存知弁天小僧白浪事始-』、『SEIMEI -平安陰陽譚-』などがある。

村瀬文宣(むらせ・ふみのり)
1992年2月3日生まれ、兵庫県出身。30-DELUXメンバーとして多くの作品で主演や主要な役を演じ、スピード感溢れる華やかな殺陣でも観客を魅了している。これまでの主な出演作に『ワンピース音宴 ~イーストブルー編~』、『舞台版 誰ガ為のアルケミスト』~聖ガ剣、十ノ戒~、舞台『あやかし緋扇』、『真・三國無双 ~荊州争奪戦 IF~』、30-DELUX『のべつまくなし』、『のべつまくなし・改』などがある。

公演情報

30-DELUX NAGOYA アクションクラブMIX 『ナナシ2021』

日:2021年12月25日(土)~28日(火)
場:新国立劇場 小劇場 ※他、名古屋・大阪公演あり
料:前売7,800円 当日7,900円
  (全席指定・税込)
HP:https://30-delux.net/nagoya/nanashi/
問:ジェイズプロデュース mail:info@30-delux.net

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事