人気落語家の高座のあとは落語評論家インタビュー 書籍発売記念『広瀬和生を聴け! 三遊亭兼好の落語とスペシャル対談の会』開催決定

人気落語家の高座のあとは落語評論家インタビュー 書籍発売記念『広瀬和生を聴け! 三遊亭兼好の落語とスペシャル対談の会』開催決定

ヘヴィ・メタル専門誌「BURRN!」編集長、落語評論家としても知られる広瀬和生の書籍発売記念

竹書房主催、『広瀬和生を聴け! 三遊亭兼好の落語とスペシャル対談の会』が2022年6月7日(火)にEurroLive ユーロライブ(東京都渋谷区)にて開催されます。

ほぼ毎日高座に接し、客席から現在進行形の落語の最前線を目撃した落語評論家の広瀬和生氏の新刊書籍『落語の目利き』(2022年竹書房刊)の出版を記念した落語公演を開催いたします。

高座を務めるのは、同書の題字・イラストを担当した人気落語家の三遊亭兼好。百数十点のイラストで同書に花を添えた兼好が高座のあとに、インタビュアーとなって、著者の広瀬和生の評論家としての了見や、「プチ落語ブーム」からコロナ禍となった激動の4年間を客席から観た考察を聞き出します。いわば、北沢タウンホールで28回開催されていた「この落語家を聴け!」落語会の真逆の構図。これが最初で最後?! 滅多に観れない対談が実現いたしました。

【書籍『落語の目利き』】
ほぼ毎日高座に接する広瀬和生が、2017~2021年の若手が元気な「プチ落語ブーム」の活況から一転してコロナ禍へと突入していく激動の4年間に、週刊誌に連載した落語コラムを読み易くまとめた書籍が、『落語の目利き』です。兼好師のイラスト百数十点収録。

2022年5月26日(木)発売
四六判328頁
定価(本体2,000円+税)
竹書房刊

プロフィール

【著者 広瀬和生プロフィール(落語評論家/音楽雑誌編集長)】
1960年生まれ、埼玉県所沢市出身。東京大学工学部都市工学科を卒業後、レコード会社勤務を経て、現在は月刊ヘヴィ・メタル専門誌「BURRN!」編集長。音楽雑誌の編集者/ライターとしての顔とは別に、ほぼ毎日高座に接する30年来の落語ファンとして知られ、現在進行形の落語界の魅力をリアルタイムで追いかける落語評論の第一人者として活躍中。『この落語家を聴け!』(集英社文庫)、『この落語家をよろしく』(講談社)、『現代落語の基礎知識』(集英社)といった著書が話題となる。最新刊は、5月に『落語の目利き』(竹書房)を予定している。

【題字・イラスト[三遊亭兼好プロフィール]】
サラリーマン等を経て、平成10年28歳で三遊亭好楽に入門、前座名 好作。 平成14年二ツ目昇進、好二郎に改名。 平成20年真打昇進、兼好に改名。 国立演芸場花形演芸会平成21年度銀賞、22・23年度金賞受賞。「五代目圓楽一門会・期待の星」のキャッチで活躍中の人気落語家。

Twitter:@sanyutei_kenko

開催概要

【書籍発売記念落語公演】『広瀬和生を聴け! 三遊亭兼好の落語とスペシャル対談の会』
開催日時:2022年6月7日(火) 18時30分開場/19:00開演(21:30終演予定)
会場:EurroLive ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1−5)

■チケット料金
指定席:5,500円(広瀬和生氏サイン入り書籍含)
(税込)

■オンライン公演実施予定 詳細は、5月下旬にカンフェティHPで!

チケット発売中!

新着ニュースカテゴリの最新記事