日本を代表するフルーティストが挑む「三大フルートソナタ」 ライネッケ、プロコフィエフ、フランク。3つの大曲を全曲演奏!

日本を代表するフルーティストが挑む「三大フルートソナタ」 ライネッケ、プロコフィエフ、フランク。3つの大曲を全曲演奏!

 フルーティストの上野星矢が、「三大フルートソナタ」をテーマに全国ツアーを開催。ライネッケ、プロコフィエフ、フランクと、通常リサイタルのメインで弾く3つの大曲を集め、一夜にして全曲演奏を行う。

 「三大ソナタはフルート奏者にとって最も重要で最重量級の曲。一本の笛からどれだけ音のパレットを引き出し、作曲家の思い描く情景に近づけるか、自分の限界に挑戦したい」

 いずれも難度は極めて高く、それぞれ長い時間をかけ向き合ってきた。

 「フランクは高校三年、プロコフィエフは大学一年、ライネッケは大学二年の時に初めて演奏しました。各々リサイタルで30回以上演奏してきた想い入れある曲で、芸術家としての成長を常に見守られている感覚がある。どれもフレーズの長さや音域の広さが手強く、初めて演奏した時は最後まで立っているので精一杯でしたが、今はこれぞフルートの曲と思い心から楽しんで演奏しています」

 共演はピアニストの岡田奏。これまで度々リサイタルで共演し、「僕が世界で最も尊敬するピアニストのひとり」と絶大な信頼を口にする。

 「完璧なテクニック、咄嗟のアイデアに応えてくれるアンサンブル能力と、全てにおいて100%信頼しているパートナー。今回もステージ上で咄嗟の閃きが生まれる瞬間を期待し、今からワクワクしています」

 また東京公演は「Musicfor Children」企画の一貫として、学生を無料で招待。企画の発案は上野自身で、名門サントリーホールで真の芸術に触れるまたとない機会となっている。

 「目的は子供や学生の未来のため。サントリーホールで行うコンサートに子供や学生を無料招待することは通常なく、間違いなくこれが唯一。まずは音楽やコンサートに触れて欲しい。コンサートが初めてという方も、ぜひ気軽に応募して下さい」

 日本を代表するフルーティストが挑む三大ソナタ。どんな想いで舞台に立ち、どんな音色で魅了するのか。

 「演奏をする時は昔も今も変わらず常に真剣勝負。さらなる高みと深みを目指し、日々練習を重ねています。このご時世のなか、沢山の方にご協力を頂き全国ツアーが決定した。その喜びを噛み締めながら、三大フルートソナタの魅力と感謝の想いをステージからお伝えできれば幸いです」

(取材・文:小野寺悦子)

プロフィール

上野星矢(うえの・せいや)
19才でフランスで開催された「第8回ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール」で優勝し、その後世界を舞台に活躍。2012年、パリ国立高等音楽院を審査員満場一致の最優秀賞並びに審査員特別賞を受賞し卒業。同年、1stアルバム「万華響」でCDデビュー。翌年には2nd アルバム「デジタルバード組曲」を発表、2作連続で雑誌「レコード芸術」特選盤に選ばれる。以後3枚のCDをリリースし、今冬「フルート三大ソナタ」をリリース予定。第25回青山音楽賞新人賞、第17回ホテルオークラ音楽賞受賞。大阪音楽大学准教授。

公演情報

フルート三大ソナタに挑む 上野星矢フルートリサイタル

日:2021年10月30日(土)19:00開演(18:15開場)
場:サントリーホール 大ホール
料:【一般】プラチナ席10,000円 S席6,000円
  A席4,500円 B席3,000円
  【学生[25歳以下]】プラチナ席6,500円
  S席4,500円 A席3,500円 B席2,000円
  学生招待券[25歳以下]無料 ※詳細は団体HPにて(全席指定・税込)
HP:https://mori-music.com/seiya/
問:森音楽事務所 tel.03-6434-1371

Advertisement

クラシックカテゴリの最新記事