加藤和彦の名曲で綴られる、ミステリアスな夢物語の世界へようこそ 初演とは一味違う『うたかたのオペラ』に

加藤和彦の名曲で綴られる、ミステリアスな夢物語の世界へようこそ 初演とは一味違う『うたかたのオペラ』に

 昭和の音楽シーンを牽引したアーティスト 加藤和彦氏の楽曲を軸に描かれる、ドラマティック・レビュー『うたかたのオペラ』。戦時中の満州を彷彿させる、とある都のレビュー小屋を舞台に、美貌の歌姫メイファを北翔海莉、道化師としてメイファを支える男、ドクトル・ケスラー 実は都の陰の支配者アマカスを中村誠治郎が演じる。

北翔「単に歌うだけでなく、歌ごとにカラーをガラリと変え“様々なジャンルの歌を歌っていること”で歌姫という役どころを明確に表現できたらと思っています。一座の中心人物ならではの器の大きさや度胸といった部分をしっかり出していきたいですし、レビュー小屋の一員ではありますが、どこか品格を感じさせるような振る舞いを意識したいです」

中村「華やかなショーの印象が強いですが、人間ドラマも繊細に描かれている作品。コントラストが効いていて、物語として引き込まれました。ドクトル・ケスラーは格好良く、凛とした男。汚い言葉を使ったりもするので、僕が役を通じて“人間のエグさ”を表現できればいいのかな、と。自分にはない部分が多いキャラクターなので、演じるのが楽しみです」

 かつて紫吹淳が演じたメイファ役を、紫吹を敬愛する北翔が引き継ぐというのも興味深い。

北翔「宝塚歌劇団にいた時は、新人公演で紫吹さんが務めた役や、紫吹さんトップお披露目公演の作品を私もトップお披露目でやらせていただいたりしました。ずっと背中を追いかけている先輩と、卒業後もこうしてご縁が繋がったのが本当に嬉しいです」

 北翔と中村は共演経験もあり、気心も知れた仲。役者として深い信頼を寄せている。

北翔「以前の共演で“私自身が力むことなく、芝居の世界に溶け込むことができる相手役さんだな”と感じていました。楽曲に重点をおいた演出になるので、誠治郎さんの歌声を通して、他の方には表現できない音楽が生まれるのではないかと期待しています」

中村「そんなふうに言っていただけて、光栄すぎます! 北翔さんの素晴らしい歌声には、圧倒されっぱなしで……。基本、ロックしか歌えない僕にとって、今回は新たな挑戦ですが、この歳でチャレンジできるのはありがたいこと。ハードルが高い方が燃えるタイプなので、北翔さんに食らいついて色々と教わり『誠治郎さん、すごいね!』と言っていただけるよう頑張ります」

(取材・文:木下千寿 撮影:山副圭吾)

もしあなたのところにサンタクロースが来るとしたら、どんなプレゼントをお願いしますか?

北翔海莉さん
「小さい頃は欲しいものがありましたが、年を重ねるたびに、健康な身体と何事もなく無事に過ごせるこの環境が、最高のプレゼントだと思っています。なので、何も望みません」

中村誠治郎さん
「タケコプター的なやつ。今年41歳になるのですが、いまだに何かにしがみついて空を飛ぶ夢を見るんです。しかも最終的に警察に見つかって注意されて目覚めるというオチまで毎回一緒で……。
 現実的には嫁や子供、車、家が欲しいのですが、そこは自分の力で手に入れたいので、自力では手に入らないものにしました」

プロフィール

北翔海莉(ほくしょう・かいり)
3月19日生まれ、千葉県出身。1998年、84期生として宝塚歌劇団に入団し、宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏む。2015年、星組トップスターに就任。2016年に宝塚歌劇団を退団後、舞台を中心に多彩な作品に出演。女優として活躍の場を広げている。

中村誠治郎(なかむら・せいじろう)
1980年4月5日生まれ、福岡県出身。俳優として舞台をはじめ映画、テレビドラマなどに出演、多数の作品に携わる。アクションや殺陣を得意とし、殺陣指導や振付も手掛ける。近作にミュージカル『刀剣乱舞』~静かの海のパライソ~、ロックミュージカル『MARS RED』(DVD発売中)。

公演情報

ドラマティック・レビュー 『うたかたのオペラ』

日:2022年1月13日(木)~23日(日)
場:六行会ホール
料:S席9,500円 A席8,500円
  (全席指定・税込)
HP:https://artistjapan.co.jp/l_opera_fragile/
問:アーティストジャパン  
  tel.03-6820-3500(祝日を除く月~金11:00~17:00)

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事