街の裏側で起きるトラブルを解決するのは、なんと女子高生三姉妹!? オール女性キャストで挑む、アクションありコメディありの最新作

街の裏側で起きるトラブルを解決するのは、なんと女子高生三姉妹!? オール女性キャストで挑む、アクションありコメディありの最新作

 この世には表もあれば裏もある。表で起きたトラブルなら真っ当な方法で解決できるが、裏に隠れたトラブルは厄介が絡み合い一筋縄では解決しないのが当たり前。そんなトラブルを解決するのがトラブルシューターの「www」。その正体はなんと現役女子高生の三姉妹。親を亡くした彼女たちが生きるために始めた稼業だった!
 数多くのアイドルやグループを擁するディアステージから、2018年に生まれた「劇団☆ディアステージ」。脚本家・演出家の松多壱岱を総合プロデューサーに迎えたこの演劇ユニットはこれまでに3度の本公演と様々なコラボ企画を実現しているが、4度目の公演となるのがこの『トラブルメーカーwww』。作・演出を「@emotion」を主宰しつつアクション指導や殺陣師としても活躍している門野翔が担当。キャストには劇団☆ディアステージのメンバーをはじめ、様々な個性を持った女優達が集められ、笑いありアクションありの作品になるという。門野の他、主演となる劇団☆ディアステージの雛形羽衣。トラブルシューターである三姉妹と対立するレディースの総長を演じる二瓶有加の3人に話を訊く。


―――劇団☆ディアステージの4作目です。雛形さんはメンバーですよね。

雛形「はい。立ち上げから全公演に参加してます」

―――二瓶さんは初出演ですか?

二瓶「はい、初めてですし、雛形さんとも先ほど初めましての挨拶をしました(笑)。でも門野さんには以前殺陣の指導でお世話になってますし、プロデューサーの松多さんは私が出演した『少女ヨルハVer1.1a』の演出でお世話になりました」

―――劇団の記録を見ると、2回公演までは松多さんの演出ですが、3回公演からは外部の方に任されているみたいですね。その辺りの理由を雛形さんは何か聞いていますか?

雛形「凄く忙しいという事情もあるでしょうが、いろいろな人に関わってもらいたいという松多さんの考えからとも聞いています」

門野「僕はこれまで松多さんの作品に殺陣師や役者として参加していましたが、今回は書いてみないかと声をかけてもらいました」

―――まだ細かくは決まってない部分もあるかも知れませんが、どんなストーリーになりそうですか?

門野「街のよろず屋みたいなトラブルシューターをしている三姉妹の物語です。雛形さんにはその長女を。そして二瓶さんは三姉妹と対立するレディースの総長を演じてもらいます。昨今SNSが主流なのでその辺も取り入れたドタバタコメディ路線でいきたいと思ってます。でもトラブルシューターの話なのに、タイトルが『トラブルメーカー』だというのがミソですけれどね(笑)」

―――三姉妹とレディースの対立。となるとアクションシーンも期待できますね。

門野「ええ。僕がやっている@emotionのメンバーも補佐的にキャストに入ってますから、アクション要素もあります。今回は殺陣よりもアクション。きっと2人の喧嘩シーンがあるでしょう」

雛形「以前、門野さんに殺陣をつけてもらったこともあって、対戦シーンもあったのですが、その時に『おまえと闘うと目が合わない』って言われて(笑)。ちょっと不安です」

門野「あの時は役柄も影響していたかもね。アヘン中毒の役だったでしょ(笑)。対峙しているのに目を見てくれないんですよ」

二瓶「私はアクションも初めてなんです。以前少しだけ練習したこともあったんですが、こんなしっかりとレディース総長の役なんて初めてで、不安はいっぱいですが、何とか喰らいついていきたいと思います。実は今までにない役だからやってみたかったんですけどね」

門野「2人の芝居は現場で見ていますし、さらに雛形さんとは何度も共演しているのでそんなに心配はないんですが、フルキャスト女性というのは初めてなんです。そこはどうなるか未知数ですね」

―――では皆さんの抱負を伺いたいと思います。

二瓶「私にとって初めての門野さんの作・演出作品です。初めて門野さんに会った時は初舞台だったから、今回は成長した姿を見せたいです。コメディやアクションなど初めてのこともあるけれど頑張ります」

雛形「劇団をやってきて、今回主演を務めます。門野さんとは3、4回ご一緒しているので、どういう物語が来るのか、演出が厳しいのかなどが楽しみです。さらに初めてのキャストさんとの出会いも楽しみです。きっと楽しい舞台になりますので、劇場でお待ちしています」

門野「女性だけの舞台ということでドキドキしている部分もあるのですが、年の初めにはぴったりな作品になると思いますので、ディアステージのファンの皆さんはもちろん、演劇通のお客さまにも楽しんで頂けると思っています」

―――沢山笑わせてもらえそうですね。楽しみです。

(取材・文&撮影:渡部晋也)

プロフィール

門野 翔(かどの・しょう)
埼玉県出身。「@emotion」代表。子役として映像や舞台で活躍し、18歳の時自身が代表を務めるエンターテイメント企画ユニット@emotionを立ち上げる。2012年からは団体公演も行い、脚本・演出・振付・殺陣振付をしつつ自身も出演する。また外部公演の殺陣、アクション指導でも活躍。舞台以外ではネット番組ラジオなど様々な分野で活動している。

雛形羽衣(ひながた・うい)
東京都出身。2014年から秋葉原ディアステージに所属、翌年からは女優としての活動も展開し、数多くの舞台に出演している。2018年には「劇団☆ディアステージ」の立ち上げに参加。これまでの全作品に出演している。その他、映画やドラマ、アニメ声優としても活躍している。オカルトが大好き。

二瓶有加(にへい・ゆうか)
東京都出身。2016年の「夏焼雅新グループオーディション」を経て、ダンス&ヴォーカルグループの「PINK CRES.」の立ち上げから参加。2021年の解散までメンバーとして活躍する。解散後はフリーランスとして活動中。舞台作品では『少女ヨルハVer1.1a』や『アリスインデッドリースクール』他、多くの作品に出演している。

公演情報

劇団☆ディアステージ 第4回公演『トラブルメーカーwww』

日:2022年1月19日(水)~23日(日)
場:シアターKASSAI
料:特典付き7,500円
  特典なし6,500円(全席指定・税込)
HP:https://gekidan.dearstage.com/troublemaker-www/
問:劇団☆ディアステージ
  mail:info_gekidan@dearstage.co.jp

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事