アニメも好評の人気サッカー漫画、その舞台版が待望の再演! 「光栄な役柄を真摯に演じ、大切な原作を絶対に汚しません」

アニメも好評の人気サッカー漫画、その舞台版が待望の再演! 「光栄な役柄を真摯に演じ、大切な原作を絶対に汚しません」

 『アオアシ』は「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の小林有吾による人気サッカー漫画で、2022年4月より、NHK Eテレにてアニメの放送もはじまった今話題の作品だ。2019年に舞台化も実現した本作が、キャストの大半を新たにしての再演が決定した。今回、主人公・青井葦人を演じるあおいは、ボーイズアイドルグループ・MeseMoa.で活動する一方、舞台への出演も着実に重ねている。

 「演技の経験は乏しいですが、役を通して自分以外の人生に触れられるところが非常に面白いです。僕自身『アオアシ』が本当に大好きで、ずっと拝読していました。出演が決まったときは『僕で大丈夫ですか!?』と思いましたが、選んでいただいたからにはその責務を果たしたいですし、お客さまにも満足していただけるような演技をしたいと思っています」

 すでに原作を5回読み返したという彼は「演技経験が少ない分、キャラの理解度を高めてカバーしたい」と話す。

 「葦人は何度も挫折をするけど、その度に立ち上がるヒーローのようなキャラクター。でも、特別な能力を持っている以外はとても馴染みやすい人だなって思います。思春期の描写にも心が込められていて素敵です。普段アイドル活動をしている僕自身と重なるところもかなり多く、原作を読んで『葦人ぉぉぉ……』って泣いちゃうシーンもありました(笑)。それくらいの感情移入を舞台の上でもできたら最高ですね」

 ダンスで鍛えた身体能力が活きる場面もたくさんありそうだ。

 「原作と台本を読んで、体力作りをちゃんとやらないといけないなと思ってはいましたが、初演に出ていた知人から『めちゃめちゃハードだよ』と聞いてビビってます(笑)。今はジムで走っているので、その成果が出たらいいな〜!!」

 過去の出演舞台はMeseMoa.メインの作品も多かったが、今回は個人で飛び込む主演作。意識の違いはあるのだろうか。

 「もちろん……めちゃめちゃ不安です。僕はまだ井の中の蛙ですし、前のキャストの方が良かったんじゃない?という意見もあるはず。そのことを十二分に理解したうえで、初演を尊敬しつつ、あまり意識し過ぎずに僕自身の感じ方で葦人を演じられたらなと思っています。任されたのはとても光栄なことなので真摯に取り組みますし、大切な原作を汚さないことだけは絶対に約束します! よろしくお願いします!!」

 待望の再演となる本作、開演を楽しみに待ちたい。

(取材・文:西本 勲)

プロフィール

あおい
動画投稿サイトから誕生したボーイズアイドルグループ・MeseMoa.(めせもあ。)のメンバーで、前身グループを含めると今年で活動10周年を迎える。2015年には第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞を受賞。舞台出演は、MeseMoa.がメインキャストを演じたミュージカル『Cry for the MOON ー月に捧げる歌ー』や舞台『RE:Trigger』、松多壱岱 作・演出の『TRICKSTAR 〜 the STAGE 〜』などがある。

公演情報

舞台『アオアシ』

日:2022年5月18日(水)~22日(日)
場:こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ
料:9,800円 ※特典付(全席指定・税込)
HP:http://www.39amipro.com/aoashi2/
問:amipro mail:info@39amipro.com

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事