流儀の宗家(家元)や人間国宝出演の能と狂言の名作を上演! 国立能楽堂三月公演 演目決定

流儀の宗家(家元)や人間国宝出演の能と狂言の名作を上演! 国立能楽堂三月公演 演目決定

国立能楽堂主催による三月公演が国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)にて下記の通り上演されます。
『3月定例公演 牛馬・朝長』2022年3月2日(水)  12:00開場/13:00開演
『3月普及公演 縄綯・箙』 2022年3月12日 (土) 12:00開場/13:00開演
『3月定例公演 鬼瓦・当麻』2022年3月18日 (金) 16:30開場/17:30開演
チケットは2月8日(火)より発売開始です。

2月8日(火)10:00よりチケット発売開始

公式ホームページ

『3月定例公演 牛馬・朝長』
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/nou/2021/3114.html?lan=j
『3月普及公演 縄綯・箙』
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/nou/2021/3113.html?lan=j
『3月定例公演 鬼瓦・当麻』
https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/nou/2021/3109.html?lan=j

『3月定例公演 牛馬・朝長』

公演日時:2022年3月2日(水)  12:00開場/13:00開演(※15:50頃終演)

狂言 牛馬 (ぎゅうば)  善竹 隆司(大蔵流)
〈休憩20分〉
能  朝長(ともなが)  金剛 永謹(金剛流・二十六世宗家)

『牛馬』
新しい市の権利をめぐり牛商人と博労が牛と馬の優劣を競います。鈍足な牛と軽快な馬の表現の見比べも楽しい作品です。

『朝長』
源朝長の最期を見届けた宿の女主人の告白、そして朝長の霊が語る平治の乱の悲運。孤独な武者の姿とそれを弔う人々の群像を扱う名作です。

*字幕あり(日本語・英語)

■出演者
善竹隆司(大蔵流) / 金剛永謹(金剛流・二十六世宗家) / ほか

■チケット料金
正面:5,000円
脇正面:3,300円(学生2,300円)
中正面:3,000円(学生2,100円)
(全席指定・税込)

『3月普及公演 縄綯・箙』

公演日時:2022年3月12日 (土) 12:00開場/13:00開演(※15:35頃終演予定)

解説・能楽あんない
三つの世界を流れる生田川  横山 太郎(立教大学教授)
狂言 縄綯 (なわない)  松田 髙義(和泉流)
〈休憩20分〉
能  箙 (えびら) 杉浦 豊彦(観世流)

『縄綯』
主人の博奕のかたに何某の家へ奉公に行かされた太郎冠者。帰ってから縄を綯いつつ何某の悪口を言い出し…。

『箙』
源平の合戦の折、梶原源太景季(かげすえ)は梅の枝を箙(矢を入れる武具)に挿して戦に挑みました。颯爽とした若武者の活躍を描く勝修羅物です。

*字幕あり(日本語・英語)
(2021/01/06)

■出演者
解説・能楽あんない: 横山太郎(立教大学教授)
松田髙義(和泉流) / 杉浦豊彦(観世流) / ほか

■チケット料金
正面:5,000円
脇正面:3,300円(学生2,300円)
中正面:3,000円(学生2,100円)
(全席指定・税込)

『3月定例公演 鬼瓦・当麻』

公演日時:2022年3月18日 (金) 16:30開場/17:30開演(※20:10頃終演予定)

狂言 鬼瓦 (おにがわら)  山本東次郎(大蔵流・人間国宝)
〈休憩20分〉
能  当麻(たえま) 二段返(にだんがえし) 観世 清和(観世流・二十六世宗家)

『鬼瓦』
長く故郷を離れていた大名は帰郷を前に因幡堂を参詣しますが、屋根の鬼瓦を見て泣き出します。その理由とは…。

『当麻』
中将姫伝説ゆかりの当麻寺。旅僧の夢に歌舞の菩薩となった中将姫が現れ、称讃浄土経の功徳を讃え、荘厳な舞を舞います。

*字幕あり(日本語・英語)
(2021/01/06)

■出演者
山本東次郎(大蔵流・人間国宝) / 観世清和(観世流・二十六世宗家) / ほか

■チケット料金
正面:5,000円
脇正面:3,300円(学生2,300円)
中正面:3,000円(学生2,100円)
(全席指定・税込)

新着ニュースカテゴリの最新記事