コロナ禍に誕生した配信専門劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾配信決定 チケット発売

コロナ禍に誕生した配信専門劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾配信決定 チケット発売

合同会社univalize主催、劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾『春をさす』、『ふたりのこれから』が2月6日(日)にカンフェティストリーミングシアターにて配信されます。チケット1月25日(火)17:00より発売開始です。

1月25日(火)17:00よりチケット発売開始

公式ホームページはこちら

演劇 × 映像=新しい物語の表現方法
劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾 決定!

劇団univalizeはコロナ禍のエンタテイメント業界の状況を憂い、オンライン配信劇団として誕生しました。それは演劇のオンライン化というという枠に留まらず、演劇的な表現方法に映像表現を融合させ、新しいメディアとして立ち上げていきます。

今回劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾のテーマは『生と死』です。

コロナの影響で若年層、特に女性の自殺が増えたと聞きました。
コロナを戦争のような緊急事態と捉えると、弱いものが守られない世の中というのは寂しい社会だと思います。
『自己責任』という簡単な言葉では片づけられません。
何かがおかしく、何かが間違っている、でも、それが何かをうまく言い表せないもどかしさがあります。
ややこしくて、面倒くさくて、色々なことが絡み合っています。
でも、だからといって見過ごしていたら、とんでもないことになっていくような気がしています。
しょうがないと思う先に、未来はあるのでしょうか?

今回『生と死』について考えてみました。
特に自殺についてです。
当たり前の事ですが、喜んで命を絶つ人なんていません。
でも、一人悩んでいる人はいます。
誰にも相談できず、もがき苦しんでいる人はいます。
そして、人知れず幕を下ろす人はいるんです。

当たり前ですが、亡くなって初めて知ることが多いのです。
悩んでいたことも、無理していたことも、全てあとから知ることになるのです。

私たちは分かり合えることなんてできないと思っています。
でも、分かり合いたいと思っています。
できないことをやろうとしている。
矛盾しています。
そんなことがこの世の中には多いのです。
世の中は単純ではない世界です。
そんな矛盾と単純ではない難しい世界に生きる人間の弱さ、強さ、愚かさ、はかなさ、もろさをリアルに描いてみようと思っています。

 是非ご視聴下さい。

劇団univalize

演劇と映像の融合を目指し、映像演出された役者の緊張感溢れる演技を、ライブ配信しています。ただ舞台作品を記録映像にするのではなく、映画のように“映像作品”として楽しめる作品づくりをしています。
映像表現に適した出演人数、演目、上演時間等を決め、電源とネットワークへの接続が可能であれば、全ての場所が舞台であり、その感動を世界に向けて配信することができると確信しています。コロナ禍だからこそできる、新しい配信表現を追求していく劇団です。

公演概要

劇団univalize 2022年レギュラー公演第一弾

『春をさす』
(エピソード1…上演時間:約25分)
■出演者
安江晶野・福本純里
安江晶野・野田遥香
※同じ作品を2チーム配信致します。

死に場所を探していた梨絵は、きれいな花が置かれたアトリエに佇んでいた。
そこは、心に傷を持つ樹のアトリエだった…。

『ふたりのこれから』
(エピソード0相当…上演時間:約10分)
■出演者
戸崎奏音・野母史香
竹尾椎奈・松下芽萌里
※同じ作品を2チーム配信致します。

一緒に死ぬ人を募集していた亜紀と応募してきた奈津。
決行当日、彼女たちに起こったこととは…。

配信日:2月6日(日)14時~ 18時~ (計2回配信)
視聴場所:カンフェティ ストリーミングシアター
視聴チケット発売日:1月25日(火)17時~
視聴料:2,000円(税込)(『春をさす』+『ふたりのこれから』)

新着ニュースカテゴリの最新記事