東野圭吾原作『虚像の道化師~心聴る(きこえる)~』を舞台化! 湯川学役に南圭介を迎え、新たに贈る『ガリレオ★CV』第2弾

東野圭吾原作『虚像の道化師~心聴る(きこえる)~』を舞台化! 湯川学役に南圭介を迎え、新たに贈る『ガリレオ★CV』第2弾

 東野圭吾のガリレオシリーズ『虚像の道化師〜演技る(えんじる)〜』を原作に、芝居に歌、ダンスで描き、好評を博したオリジナル音楽劇『ガリレオ★CV』。第2弾となる今回は『虚像の道化師〜心聴る(きこえる)〜』を題材に、『ガリレオ★CV2』として新たな舞台を作り上げる。本作で湯川学を演じる南圭介と、草薙俊平役の加藤良輔、内海薫役の難波なうの三者に話を聞いた。


―――今回新たに南さんが主人公の湯川学役で登場。加藤さんと難波さんは第1弾から引き続き刑事の草薙俊平と内海薫を演じます。出演が決まった心境をお聞かせください。

南「『ガリレオ』というと多分みなさん、福山雅治さんの印象が強いと思うけど、原作はもともと佐野史郎さんをイメージして書かれたと聞いています。だからいろいろな湯川があっていいと思うし、僕自身と役との共通点を見つけながら作り上げていけたらと考えていて。とても存在感がある役であり、今までとは違う湯川をどう作っていけるか、どう役に息を吹き込めるかワクワクしています」

難波「芝居に加えて歌やダンスもたっぷりあって、前回は本当にどこから取り組めばいいのか――、という心境でした。ただ一度経験している分、今回はちょっとリードできてる気分です(笑)」

加藤「ドラマや舞台といろいろ作品化されているけれど、前回はそこはあまり意識せず自分に寄せて役を作っていきました。脚本も自分に寄せてくれた部分が多かったので、そういう意味では演じやすかったですね。ただ僕らは続投だけど、今回は湯川が変わるので、前回とはまた違うものになるはず。圭介くんの湯川と一緒に歩いていけたらと思っています」

―――第2弾となる『ガリレオ★CV2』では、ガリレオシリーズ『虚像の道化師』内の短編「心聴る(きこえる)」を原作に、前作に続き堤泰之さんが脚本・演出を手掛けます。

南「原作を読みましたが、湯川が草薙に投げかける言葉ですごく共感できる部分があって、それがまた物語が展開していく原動力にもなっているのを感じました。まずは台本の中に自分が伝えるべき台詞を見つけて、そこから役を膨らませていけたらと思っています」

難波「前回は堤さんが言う内海像と、私の想うイメージがかなり違って、自分の中でその差を埋める作業に時間がかかってしまったところがありました。自由でお茶目な草薙刑事に対して、お堅い女刑事、というのが堤さんの考える内海像。ただ内海もお茶目な台詞を言ったりするので、私としては人間味を出した方が可愛くなるのでは思っていたんです。でも堤さんは色をつけなくていいと、その方が舞台ならではの内海になると言っていて、私自身それに気付くのが遅かった。もう少し淡白な感じで良かったのかもしれないと、この1年で自分の中で整理できたので、また違う感覚で内海に向き合える気がしています」

加藤「草薙はちょっとゆるいところがあって、でもその分内海がバシッと締める。堤さんはこのふたりのコンビ感を大切にしたいと言っていて、だから僕は割と自由にやらせてもらっていましたね。前回もなうちゃんと2人で話し合って作った部分が多かったので、今回はそこをさらに深めて、草薙と内海の関係をよりナチュラルに演じていきたいです」

南「前作を客席で観たけれど、本当に2人は良いコンビだなと思ったよね。僕も湯川としてこの2人を同じ空間で見ていたかった!」

加藤「事件解決もそうだけど、湯川と研究室で対峙するシーンはこのシリーズの魅力でもあると思っていて、今回も楽しみにしてるんだけど」

難波「そこは湯川次第でもありますよね。今回は南さんがどう出るか……」

南「湯川のキーワードに“変人”という言葉があって、どう変人感を出すかというのが僕のひとつの役割だと考えていて。自分の中の変人感とすり合わせたり、こういう変人っているよね、という愛すべき変人たちから引っ張ってこようと思っています(笑)」

―――イケメンの南さんの中にも“変人”の要素はあるのでしょうか?

南「自分自身はあまり変人という意識はないのだけれど……。僕は大仏が大好きで、よく1人で巨大大仏巡りをしています。推しは仙台にある大観音で、100 mくらいあってカッコイイ! ウルトラマンを実写で見ているような感覚で、あれが動き出したらどうなるんだろうと想像したり――。そう言うと、大抵『変わってる!』って言われます(笑)。
 ただ変人とか変態って、ワード自体が強すぎるけど、僕が目指してるのは人に迷惑をかけない変態。そこを大切に、自分の中の変態の部分を楽しんでます(笑)」

加藤「ちょっと、なうちゃんがドン引きしてるよ! それに途中から変人じゃなくて変態になってるし(笑)」

難波「南さんを見る目が変わってきました……。でも南さんには10年以上憧れ続けてきて、その分ストックがあるので、まだギリギリ大丈夫です(笑)」

南「これからもよろしくね(笑)。だけど、千秋楽までストックもつかな?」

―――3人は旧知の間柄だそうですね。

南「良くんとは『テニスの王子様』でご一緒したのが初めて。当時僕は20歳で、かれこれ16年ほど前になりますね。湯川と草薙は大学時代の同級生という設定で、だから通じるものがある気がします」

加藤「共演するのはあれ以来だよね? SNSや舞台を観たりしてたから、もちろんお互い活動は知ってたけど」

南「だけど久しぶりに会った感じが全然しない。再会したときも、普通に『おう!』って感じだったし。そこが良くんのすごいとこ(笑)」

難波「私は小中学生の頃からお2人が舞台で歌ったり踊ったりする姿を客席で観ていたので、私にとってはヒーローのよう。南さんとは今回初共演で、ご一緒できてすごく嬉しいです!」

南「そのままの気持ちでいてください(笑)」

難波「前回加藤さんとご一緒したときも『ずっと憧れてたんです!』って、5万回言ったんです。だけど、全く響いてなくて――。だからもう今回は言いません(笑)」

加藤「ちゃんと響いてたから! 言われなくなるとそれはそれで寂しいから、今回も言って(笑)」

難波「お2人とも、あの時から見た目がちっとも変わってなくて、そこも驚きなんですけど――。同じ舞台の上に立つのはやっぱり身が引き締まるし、頑張ろうって思います」

―――すでにチームワーク抜群ですね! 最後に、みなさんへメッセージをお願いします。

加藤「今回は第2弾ということで、いろいろ変化もありつつ、小説とはまた違う舞台版のガリレオを楽しんでほしいですね。ガリレオシリーズというと、どうしてもイメージが先行しがちだけれど、良い意味で裏切っていきたいし、それでいて原作ファンの気持ちにも応えたい。新しいチャレンジとして、この第2弾も盛り上げられるよう全力で頑張りたいと思います!」

難波「前回は自分のことでいっぱいいっぱいになることが多かったので、今回はキャラクターに対しても作品に対しても広い視野をもって臨んでいけたらと。そして、一年越しの成果をお見せしたいと思います!」

南「原作を読んだとき、ミステリーだけでなく人情的な魅力もすごく感じました。だからこそ魂を込め、生身の肉体でお伝えできるのを僕自身楽しみにしています。舞台版だからこそ生まれる感覚を、このチームでしか生まれない感情を出していけたらと思っています。ぜひみなさん楽しみにしてもらえたら嬉しいですね」

(取材・文:小野寺悦子 撮影:園田昭彦)

プロフィール

南 圭介(みなみ・けいすけ)
1985 年7 月3 日生まれ、東京都出身。2004 年、映画『少年と星と自転車』でデビュー。2006年からミュージカル『テニスの王子様』に出演。主な出演作に、『宇宙戦隊キュウレンジャー』鳳ツルギ役、映画『国民の選択』、『ジャッカーズ』、舞台『5 years after』ver.8 など。

加藤良輔( かとう・りょうすけ)
1984 年3 月21 日生まれ、茨城県出身。2004 年ミュージカル『テニスの王子様』でデビュー。主な出演作に『abc ☆赤坂ボーイズキャバレー』シリーズ、音楽劇『夜のピクニック』、THE CONVOY SHOW『ONE !』、『ヒプノシスマイク- Division Rap Battle -』Rule the Stage -track.2- など。

難波なう(なんば・なう)
1995 年10 月21 日生まれ、東京都出身。2011 年、韓国で上演された『真夏の夜の夢』にてパック役を好演。2012 年、全日本高校演劇大会で作品賞を受賞。キ上の空論『ピーチオンザビーチノーエスケープ』では体当たりの演技が話題に。主な出演作品に、舞台『バクステ』シリーズ、□字ック『滅びの国』、ことのはbox『見よ、飛行機の高く飛べるを』、映画『紅葉橋』など。

公演情報

オリジナル音楽劇 『ガリレオ★CV2』

日:2022年4月13日(水)~17日(日)
場:博品館劇場
料:7,500円(全席指定・税込)
HP:https://no-4.biz/galileo/cv2/ 
問:エヌオーフォー mail:info@no-4.biz

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事