「SNS」がテーマの社会派ミュージカル 「現代人の身近にある、小さな愛を届けたい」

「SNS」がテーマの社会派ミュージカル 「現代人の身近にある、小さな愛を届けたい」

 『いつか~one fine day』でタッグを組んだ板垣恭一と桑原まこが手がける社会派ミュージカル『GREY』が幕を開ける。ヒロインのshiro 役に抜擢された佐藤彩香は「shiroは私と同じ21歳。シンガーソングライターを目指していて、自分の曲を発信していきたいという意欲に溢れています。彼女の気持ちがすごくよくわかる一方で、“誰かの力になりたい”というエネルギーに私自身が励まされることも。この役を通して成長できるんじゃないかなという、初めての感覚があります」と目を輝かせる。

 矢田悠祐演じる主人公・藍生とshiroの友人である金銀を演じるのは竹内將人。

竹内「金銀は将来的な目標が定まっておらず、人間関係でも傍観者的な位置にいるような人間だと思います。そのままではダメだということにも気付いていて、作中で起こるいろんなことをきっかけに一歩を踏み出していきます」

 本作のテーマは『SNSとコミュニケーション』。リアリティ番組に出演したshiro がSNSで誹謗中傷を受けるという、現代日本の抱える問題を反映したストーリーとなっている。

竹内「SNSでの誹謗中傷は、去年もすごく話題になりましたよね。でもニュースになるのは一時だけで、今ではあまり見かけません。だからこそ、今を生きているお客様に、今を生きている僕たちが、舞台を通して伝えていくことがすごく大切なのだと思います」

佐藤「身近でパーソナルなテーマを扱うからこそ、自分もすごく慎重に、丁寧に作品と向き合っていけたらいいなと思ってます。shiro という役も、私自身のSNSとの関わり方や感じたことを板垣さんとディスカッションしながら作りあげているところです」

 また、佐藤は「今回は色もテーマのひとつ」と語る。全く異なるバックグラウンドを持つ“カラフル”な登場人物たちが、音楽を通して関わり合い、変化していく様にも期待したい。

佐藤「当たり前すぎて意識していなかったことを、もう一度自分の心のなかに問うことのできるきっかけになれたらいいなと思っています」

竹内「大河で訴えかけるような哲学的な大きな愛を伝えるというより、現代人のより身近にあり、感じることのできる小さな愛を沢山お届けし、それが大きな愛となって伝えることができればいいなと思います。日常のちょっとした瞬間の起爆剤をたくさんお届けしたいですね」


(取材・文:いつか床子 撮影:友澤綾乃)

そろそろ寒くなり始める季節。冬に向けて準備していること、楽しみにしていることはありますか?

佐藤彩香さん
「私の冬の楽しみは、毎年必ず買う『アドベントカレンダー』です。12月1日からクリスマスまでの期間限定カレンダーで、日付の書かれたポケットを開けるとクリスマス仕様の可愛いチョコが出てくるというものです。毎日1つずつ開け進めていくのが醍醐味なのに、去年はあまりの可愛さに我慢できず12月1日に24日分開けてしまい、猛烈な罪悪感に苛まれました。今年こそ、きちんと1日1つを守り、すっきりした気持ちでクリスマスを迎えたいです」

竹内將人さん
「冬の楽しみは冬服です。特にコートが大好きで、ロンドン滞在中に多くの古着屋をまわりビンテージコートをゲットしました! なので必然と冬服はブリティッシュなファッションになりがちですが、ストリートスタイルと混ぜてみたりと、色々な挑戦をして毎日のコーデを考えるのが楽しみです」

プロフィール

佐藤彩香(さとう・あやか)
2000年1月13日生まれ、兵庫県出身。文学座附属演劇研究所研修科2年。早稲田大学在学中。ストレートプレイやミュージカルなどで幅広く活躍しており、主な出演作に『自殺の解剖』、ミュージカル『17AGAIN』がある。また、映像作品でも吹替で『星の王子ニューヨークへ行く2』、『あの夏のルカ』、『フィアー・ストリートpart2:1978』に出演。ミュージカル『四月は君の嘘』のコンセプトアルバムにも参加している。特技は英語・歌・関西弁。

竹内將人(たけうち・まさと)
1994年11月24日生まれ、福岡県出身。東京藝術大学声楽科卒、英国王立音楽院ミュージカル科卒。2019年、英国留学中ロンドンにてウエンツ瑛士と二人芝居『Misao and Eitaro』を上演し話題に。帰国後、ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2021)マリウス役にて好評を得る。NHK-Eテレ「キソ英語を学んでみたら世界と繋がった。」にレギュラー出演中。クラシカル・クロスオーバーユニット「Gen・Rin」としてアルバム「EPIKOS」をリリースした。

公演情報

conSept Musical Drama #6 『GREY』

日:2021年12月16日(木)~26日(日)
場:俳優座劇場
料:SA席[センターブロック前方]12,000円
  SB席[サイドブロック前方]9,500円
  A席[センターブロック後方]10,000円
  B席[サイドブロック後方]8,500円
  C席[センターブロック最後方2列]6,000円
  D席[サイドブロック最後方2列]3,500円※当日券のみ
 (全席指定・税込)
HP:https://www.consept-s.com/grey/
問:conSept LLC. mail:info@consept-s.com

※カンフェティ特別チケットは11/15 11:00より発売予定

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事