最高のクリエイターによる英国ミュージカルの金字塔『オリバー!』 プロデューサーに熱望され、市村正親が少年スリ集団の元締め役に挑む

最高のクリエイターによる英国ミュージカルの金字塔『オリバー!』 プロデューサーに熱望され、市村正親が少年スリ集団の元締め役に挑む

 19世紀に活躍したイギリスの作家、チャールズ・ディケンズの長編小説を舞台化したミュージカル『オリバー!』は貧困の中で生まれ育った少年、オリバー・ツイストを巡る物語。ロンドンに出てきたオリバーは子供達によるスリ集団に引き込まれるのだが、その元締めであるフェイギンを演じるのが、ミュージカルをはじめとする数々の舞台、さらにはテレビドラマや映画でも活躍してきた市村正親。
 このフェイギン役での出演については、作品を手がける世界的プロデューサー、サー・キャメロン・マッキントッシュから直々に乞われていたのだという。


―――サー・キャメロン・マッキントッシュからのラブコールがあったとか。

 「マッキントッシュさんとは『オペラ座の怪人』の頃からの付き合いで、『ミス・サイゴン』の時にイギリスで挨拶したら『きみにやらせたい役があるんだ』というんです。それが今回演じるフェイギンでした。どうやら僕のエンジニアを観たマッキントッシュさんが、大好きな『オリバー!』のフェイギンをやらせたいと思ったようです。フェイギンは『ミス・サイゴン』のエンジニアにちょっと似ているところがあるからかな。
 それで何度も『オリバー!』を観に来てほしいと言われていましたが、観ることはできていなかったんです。『メリー・ポピンズ』で彼が来日して、再会したら『次はきみの番だよ』って(笑)」

―――フェイギンというのはロンドンの街で恵まれない子供達を集めてスリや盗みを仕込み、そして悪事を働かせる組織の元締めですね。

 「彼は子供達に悪事を働かせる一方で、彼らが飢えないように面倒を見ている、ある意味孤児や浮浪児にとっての兄貴であり、時にお父さんでもある訳です。まあでも、ちゃっかり子供達からの“上がり”をちょろまかす。そんな人間臭さもあってどこか憎めない男でもありますね。そんなフェイギンがオリバーとの出会いの前後でどう変わるかも興味深いところです」

―――今回はその役を武田真治さんとのWキャストで演じられますね。年齢も差がありますし、かなり違うフェイギンになると思いますが。

 「僕は僕なりに演じます。武田くんは今回オーディションを経てこの役に就いたわけですが、彼の持つユニークな部分はとても良いと思っています。年齢的には僕の方が役柄に近い感じはするけど、きっと真逆なフェイギンが生まれるでしょう。彼も絶対僕が発想しないことを考えるでしょうから、そこが楽しみですね。まさかサックスは吹かないだろうけど(笑)」

―――武田さんとは何度も同じ舞台を踏まれていますが、どんな印象ですか。

 「もう見たままの筋肉青年で(笑)。何度かご一緒していますが、ともかく突き詰めるタイプですね。また北海道出身のせいかどことなく哀愁というか、都会人にはない雰囲気を持っていますね」

―――子供キャストも沢山出演する今作、意気込みはいかがでしょうか。

 「貧困の中で生まれ育ったオリバーは、逃れるようにして出てきたロンドンで仲間と出会い、皆でたくましく生きていきます。そんな子供達のパワーに負けないように頑張りたいです。楽曲も素敵なものが揃っています。僕は3曲歌いますが、ミュージカルでは歌は台詞と一緒なので、その場面での心の在り方を大切に。人生がにじみ出るように歌いたいです」

―――それにしても精力的な活動を続けていらっしゃる市村さんですが、その元気の素はどこにあるのでしょう。

 「元気の素は劇場であり、ライブでお客さんが観にいらっしゃることです。よく『なんでそんなに元気なんですか?』と訊かれるんだけど、元気じゃなかったら舞台に立てませんし。稽古前にも岩盤ヨガをやったり、休みの日はゴルフに出かけたりと、じっとしていればいいものを、ほとんど動いています。まあ、死んだら動けなくなりますから、それまではね(笑)。やはり日々汗をかくことが秘訣でしょう」

―――是非その元気を舞台から届けてもらいたいですね。

 「まだコロナ禍の中で厳しい状態ですが、それでもカーテンコールの拍手を聞くと皆さんが待っていてくれたんだなあと思います。僕も舞台から精一杯のパワーをお届けしたいです」

(取材・文:渡部晋也)

プロフィール

市村正親(いちむら・まさちか)

 埼玉県出身。1973年に劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター』(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』に改題)のオーディションに合格しデビュー。1990年までの在籍中に看板俳優として活躍する。退団後もミュージカル、ストレートプレイ、一人芝居など様々な舞台のほか、テレビドラマや映画、アニメや洋画の吹き替えなどの声優としても活躍している。芸術祭賞、菊田一夫演劇大賞(『ミス・サイゴン』)紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞最優秀男優賞受賞(『炎の人』)など受賞も多数。
 今年10月には映画『劇場版ルパンの娘』、『燃えよ剣』、『そして、バトンは渡された』が公開される。

公演情報

ミュージカル『オリバー!』

日:2021年9月30日 (木) ~2021年11月7日 (日)
 【プレビュー公演 9月30日(木)~10月6日(水)】
場:東急シアターオーブ
料:<カンフェティ取扱チケット>
  S席14,000円 プレビュー公演S席12,500円
 (全席指定・税込)
HP:https://horipro-stage.jp/stage/oliver2021/
問:ホリプロチケットセンター
  tel.03-3490-4949(平日11:00~18:00)

Advertisement

舞台・演劇カテゴリの最新記事