今最も注目されている実力派ギター奏者・村治奏一がみどりアートパークに登場 『村治奏一リサイタル~ギターで綴る映画と愛~』10/2開催!

今最も注目されている実力派ギター奏者・村治奏一がみどりアートパークに登場 『村治奏一リサイタル~ギターで綴る映画と愛~』10/2開催!

みどりアート&メディアパートナーズ 横浜音祭り2022共催 みどりアートパーク バースデーコンサート『村治奏一リサイタル~ギターで綴る映画と愛~』が2022年10月2日(日)に緑区民文化センター(みどりアートパーク)(横浜市)にて開催されます。チケットはカンフェティにて6月26日(日)より発売開始です。

今最も注目されている実力派ギター奏者の一人・村治奏一
その実力は姉の村治佳織にも勝る、とも言われています。
本公演は、みどりアートパーク開館9周年を記念してのバースデーコンサートです。 演奏予定曲目は、いまだ戦禍にあるウクライナで撮影されたという映画「ひまわり」のテーマ曲をはじめ「ニュー・シネマ・パラダイス」、「愛のロマンス(映画『禁じられた遊び』)」など名画のワンシーンが目に浮かぶような映画音楽と、「アルハンブラの想い出」、「コルドバ」などクラシックギターの真髄ともいえる名曲の数々。
「今聴きたい」がぎっしり詰まった欲張りなプログラムで、心震えるひとときをお贈りします。
 

公演概要

『村治奏一リサイタル~ギターで綴る映画と愛~』
公演日:2022年10月2日(日) 13:30開場/14:00開演
会場:緑区民文化センター(みどりアートパーク)

村治奏一 Soichi Muraji
東京生まれ。幼少よりギタリストの父・村治昇の手ほどきを受け、福田進一、鈴木大介の両氏に師事。1997年クラシカル・ギター・コンクール、’98年第41回東京国際ギター・コンクール他数多くのコンクールで優勝。’99年ボストンに留学し、ニュー・イングランド音楽院でD.レイズナー、E.フィスク教授に師事。2003年ウォールナット・ヒル・スクールを首席で卒業後、ニューヨークのマンハッタン音楽院に進学、D.スタロビン教授に師事。’06年ワシントン、ケネディ・センター公演にて本格的に米国デビュー。
‘08年マンハッタン音楽院を卒業しアンドレス・セゴビア賞を受賞。同年、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の世界ツアーにソリストとして抜擢。また、’12年には「トヨタ・クラシックス・アジアツアー」のソリストに抜擢され、ウィーン室内管弦楽団と共演、アジア5か国でのツアーを成功させた。’14年、S&R財団ワシントン・アワードを受賞し、ワシントンD.Cハルシオン・ハウスでのガラ&受賞式での演奏が好評を博した。

■スタッフ
音響・舞台・照明: 株式会社tvkコミュニケーションズ

■チケット料金
一般 前売:2,000円 当日:2,500円
学生 前売:1,500円 当日:2,000円
(全席指定・税込)

■団体概要
みどりアート&メディアパートナーズ
神奈川新聞社を代表とする4団体による共同事業体。
メディアやIT事業等の専門性を活かし、横浜市緑区民文化センターみどりアートパークの管理運営を行っている。

チケット発売中!

新着ニュースカテゴリの最新記事