イメージは18世紀文化サロン 鎌倉の邸宅でプロの演奏家と過ごす 鎌倉の小さな音楽祭 Vol.2『チェロとピアノのウエストサイド物語・ペールギュント物語』開催間近

イメージは18世紀文化サロン 鎌倉の邸宅でプロの演奏家と過ごす 鎌倉の小さな音楽祭 Vol.2『チェロとピアノのウエストサイド物語・ペールギュント物語』開催間近

トイミスト・エンネ主催、鎌倉の小さな音楽祭 Vol.2『チェロとピアノのウエストサイド物語・ペールギュント物語』が2022年5月15日(日) に佐助サロン(笹野邸)(神奈川県鎌倉市)にて開催されます。

ご好評をいただいて鎌倉の小さな音楽祭 vol.2を行います。イメージは18世紀フランスの文化サロン、鎌倉でも稀有な素晴らしい建築と庭の「隠れ家サロン」にてゆっくり音楽と曲にまつわるお話しをお楽しみになりませんか?

Instagramにおいてプレトークも決定しました。<インスタグラム:水谷川優子(@nerocello)> 

【曲目】
シベリウス:ロマンス
バーンシュタイン:ウエストサイド物語
グリーク:ペールギュント組曲
黒人霊歌、ピアソラ  ほか

プロフィール

水谷川優子(Yuko Miyagawa)
「勇気づけ、包んでくれるような暖かい音色」(東京新聞)「心をノックするチェロ」(毎日新聞)などと称される水谷川は5歳からチェロを始め、桐朋学園女子高等学校音楽科卒業、同大学ディプロマコースを経て、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院首席卒業、同大学院修士修了、同時期にローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミーのソリストコースにて研鑽を積みながらヨーロッパでの演奏活動を開始。第6回東京国際室内楽コンクール優勝、併せて齋藤秀雄賞とアサヒビール賞受賞、イタリア・ピネローロ国際室内楽コンクール2位、バロックザール賞など多数受賞。現在は日本とドイツに拠点を置いて各国でソリスト、室内楽奏者として活動。

日本ではラジオやテレビ出演も多く、2018年は1年間ラジオ番組のパーソナリティをつとめ、出演・演奏したNHK FM「長崎・祈りの音色」が平成30年度文化庁芸術祭 優秀賞受賞。
2020年秋にアメリカのレーベルよりリリースした最新アルバム「Black Swan」が翌月のNY Public Radioでベスト新譜に選ばれるなど好評を博している。

小柳美奈子(Minako Koyanagi)
東京藝術大学卒業。伴奏のイメージを変えてしまう、アンサンブル・ピアニスト。様々なプレイヤーの呼吸の機微を読み取り、それに寄り添うしなやかな感性を数多くのリサイタル、レコーディングで発揮している。吉松隆「サイバーバード協奏曲」の準ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団他と共演。

須川展也氏をはじめとした共演での録音は10数枚を超える。また須川氏に献呈された多くのデュオ作品(吉松隆氏、西村朗氏、長生淳氏等)のほぼ全ての初演を手がけている。中でも03年に発売された須川氏の3枚組アルバム「Exhibition of Saxophone」に於ける須川氏との絶妙なコンビネーションは、大絶賛を浴びた。パーカッションの山口多嘉子とのデュオ「パ・ドゥ・シャ」で、吉松隆氏の作品を収めたCDも発表している。

海外での演奏も多く、訪れた国はヨーロッパ各国、アメリカ、ロシア、およびアジア諸国など20か国におよぶ。いずれのステージでも多くの注目を集め、高い評価を得ている。

トルヴェール・クヮルテットの共演者としてのキャリアも長く、10枚以上の録音に参加。トリオ「YaS-375」のメンバー。
ピアノを安川加寿子、梅谷進、秦はるひ、今井正代、長谷川玲子、本村久子の各氏に師事。

http://www.concert.co.jp/artist/minako_koyanagi/

開催概要

鎌倉の小さな音楽祭 Vol.2『チェロとピアノのウエストサイド物語・ペールギュント物語』
開催日時:2022年5月15日(日) 開場13:30/開演14:00
会場:佐助サロン(笹野邸)(神奈川県鎌倉市佐助1丁目2-9)

■出演者
水谷川優子(チェロ)
ゲスト: 小柳美奈子(ピアノ)

■スタッフ
トイミスト・エンネ

■チケット料金
前売:4,000円
当日:4,500円
(全席自由・税込)

公式ホームページ
https://www.yuko-miyagawa.com
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCz_4LLOrkAkkopi77lkD8iw?_fsi=B8ZyzMAm

チケット発売中!

新着ニュースカテゴリの最新記事