鑑賞者の心に刺さる”生き辛さ”を描く芝居 演劇集団E.G.WORLD『われは女ぞ 後編「お互いさま」の叛逆』上演決定

鑑賞者の心に刺さる”生き辛さ”を描く芝居 演劇集団E.G.WORLD『われは女ぞ 後編「お互いさま」の叛逆』上演決定

E.G.WORLD(代表:金堂修一)主催、『われは女ぞ 後編「お互いさま」の叛逆』が2022年5月6日 (金) ~2022年5月8日 (日)に絵空箱(東京都新宿区)にて上演されます。

今回、昨年11月に上演した「われは女ぞ 前編『同調協力』」の「われは女ぞ」シリーズの中編を飛ばしての後編となります。
E.G.WORLDは、安心して流して観ていられる芝居はしたくありません。観ている人の心をヒリヒリさせたいし、グサグサと心に引っかかる芝居をしたいと思っています。

『われは女ぞ 後編「お互いさま」の叛逆』
理不尽に両親を殺された時、私はまだ生後1年と3か月、両親の声も感触も知らず、平凡に関係ないと暮らしているが・・・
有名な無政府主義者を両親に持つ娘はどう生きていくのか

E.G.WORLD

1997年、ライブハウス経営、映画製作等に携わった金堂修一と燐光群にいた出口恵子が一人芝居「皆殺しの天使」にて旗揚げ。以後、毎年定期的にオリジナル作品を上演。短編のビデオ作品も上映。2014年からはE.G.WORLDの番外公演「劇団意地悪」として短編のオムニパス作品を上演。一本のストーリーを上演するE.G.WORLD公演とほぼ交互に上演している。 プレッシャー・コンプレックス・ディスコミュニケーションをテーマにヘヴィでハードでディープな作品作りを目指している。
E.G.

公演概要

E.G.WORLD『われは女ぞ 後編「お互いさま」の叛逆』
公演期間:2022年5月6日 (金) ~2022年5月8日 (日)
会場:絵空箱(東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階)

■出演者
出口恵子
金堂修一

■スタッフ
製作・脚本・演出:金堂修一
照明:長尾裕介
音響:滝口美幸
ビデオ撮影:高橋哲也
チラシデザイン:おかな
チラシ画:宮ゆか里

■公演スケジュール
5月6日(金)18:00
5月7日(土)13:00/18:00
5月8日(日)13:00/18:00
※開場は、開演の30分前

■チケット料金
前売:3,000円
当日:3,500円
(全席自由・税込)

【カンフェティ限定】
3,000円 → カンフェティ席2,000円!

公式ホームページ
http://not-easy-life-e-g.world.coocan.jp

チケット発売中!

新着ニュースカテゴリの最新記事