西島数博× 吉川隆弘× JUNKO KOSHINOのタッグで描く“光と影”の空間芸術 超絶技巧のピアノ、独創のダンス、衣裳、映像で魅せる新ステージ

西島数博× 吉川隆弘× JUNKO KOSHINOのタッグで描く“光と影”の空間芸術 超絶技巧のピアノ、独創のダンス、衣裳、映像で魅せる新ステージ

 ダンサー・振付家の西島数博とミラノ在住のピアニスト吉川隆弘の共演で贈る『LuceeOmbra』。タイトルの意味する〝光と影〞をコンセプトに、超絶技巧のピアノ演奏と独創のダンスのコントラストで魅了する。

吉川「ベートーヴェンにジョン・ケージ、ラヴェルと、振り幅を広く楽曲をセレクトしています。時代も違えば動きがある曲や静かな曲もある。今回のホールは客席との距離感も近く、大きな音で弾く曲もあれば耳を澄ませるほど小さな音で弾いたりと、真逆の演奏で光と影のコントラストを表現していきたいと思っています」

西島「静から始まり動になってまた静にと、対極の曲の流れの中で喜怒哀楽や輪廻転生といったイメージを描いていこうと考えています。コシノジュンコさんの衣裳は、白と黒、曲線と直線など両極の要素が込められていて僕らのコンセプトにぴったり。回ると空気が入って円を描くように広がったりと、独特な衣裳デザインがダンスの演出へのサプライズになりそうです」

 2人のコラボは2012年に遡り、これまで日本各地やイタリアで度々コラボレーションを行ってきた。

西島「その場でどんな空気感が生まれるかがコラボレーションの醍醐味。彼のピアノは絶対に伴奏にならないんです。前に出る音だから、後押しされたり、追いかけたりと、一緒に踊ってる感覚になれて楽しいですね」

吉川「ジョン・ケージはコラボレーションについて〝一緒に作り込むのではなく各々が創造してきたものを合わせるものだ〞という意味合いの言葉を残しています。一方に偏らず、両方のしたいことを舞台上でする。西島さんとの関係性はまさにそうで、きっと感性が合うんだと思います」

 ステージには映像も加わり、楽曲のイメージにあわせてビジュアルを投影。そこで顕れる世界とは――。

吉川「舞台では常にその瞬間、その場の感覚で演奏しています。だから毎回少しずつ違うものになり、そこは面白い所でもある。ぜひ繰り返し足を運んでもらえたら嬉しいですね」

西島「映像もそうですが、今回は空間での遊びを取り入れて行こうと考えていて、ダンサーのNAO さんと共に即興的な面白さも多く出てくる気がします。ただのコラボレーションではない、新しいジャンル、新たなスタイルのアートが誕生する瞬間を僕自身感じています」

(取材・文:小野寺悦子 撮影:SHIN ISHIKAWA)


“忘れられない夏の思い出”を教えてください

西島数博さん
「高校生時代の夏休み、地元宮崎から東京青山劇場での『青山バレエフェスティバル』に出演していましたが、その頃ジャニーズ事務所の方々の舞台が同じ時期に青山劇場で毎年上演されていました。当時人気絶頂の光GENJIメンバーの赤坂晃さんに似ているようなことを言われていた僕なのですが、なんと、光GENJIのファンに間違われて、追っかけられ、話しかけられたりして、とても困った経験があります(苦笑)。
渋谷宮益坂から青山通りの方へ歩く度に、暑い夏の空気と共に思い出す苦い笑い話しです!」

吉川隆弘さん
「夏といえば海ですね。子供の頃は毎年夏には母の実家である和歌山県の那智勝浦に2週間ほど行きました。美しい砂浜には魚や蟹がたくさんいて、暑過ぎる時は山間の川に泳ぎに行ったり……。冷たい川の水は透明で、海老や小魚を獲って遊びました。海にも川にも行かない時には祖父の家の前を流れる川で釣りをして遊びました。小麦粉を水で溶いただけの餌を使い、河口に近いため、川の魚であるウグイや海にいるクサフグがよく釣れて! フグは釣れると怒って膨れて水面に浮き上がるのが楽しかったです。
イタリア人は夏に地中海でバカンスを楽しみますが、子供の私は日本でイタリア人に負けない夏を過ごしていましたよ。」

プロフィール

西島数博(にしじま・かずひろ)
3歳よりバレエを学ぶ。18歳で渡仏、フランスの国際コンクール第1位受賞後、国内外に活動。帰国後、スターダンサーズバレエ団にて活動する傍ら、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』出演から芸能界でも活躍。主演映画『るにん』アメリカの映画祭でグランプリ受賞。14年にジャパンダンスイノベーションを立ち上げ音楽劇『ドラマティック古事記』、新演出白鳥の湖『SUPER SWAN』等を上演。ピアニスト吉川隆弘とイタリアにて共演の他、異ジャンルとのコラボレーションを中心に多彩な活動を展開。YouTube『西島ダンスチャンネル』配信中。

吉川隆弘(よしかわ・たかひろ)
東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。15年スカラ座首席クラリネット奏者ファブリツィオ・メローニとのデュオのCD「Vif et Rythmique」をドイツグラモフォンより発売。18年ミラノスカラ座バレエ公演『Petite mort』にてモーツアルトのピアノ協奏曲を演奏し、19年に再演。20年の浜離宮朝日ホールでの演奏はNHK BS4K/BS プレミアム「クラシック倶楽部」にて放送される。21年『Music Tomorrow2021』にて杉山洋一指揮NHK 交響楽団と共演。

公演情報

Luce e Ombra ルーチェ・エ・オンブラ ~光と影~

日:2021年11月13日(土)13:00/17:00開演(12:30/16:30開場)
場:代官山 HILLSIDE PLAZA ※他、金沢公演あり
料:8,000円(全席指定・税込)
HP:http://www.jdancei.com
問:公演事務局 mail:balletto.pianoforte@gmail.com

Advertisement

バレエ・ダンスカテゴリの最新記事